にきび

■にきび
にきびには「思春期にきび」と「大人にきび」の2種類のタイプがあり、原因やできる場所も違います。
「思春期にきび」は10代の思春期にできるにきびのことで、皮脂の分泌が過剰になるのが原因とされています。体を作るための成長ホルモンが皮脂腺を刺激することで毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌という菌が繁殖するのです。
「大人にきび」は大人になってできるにきびで、不規則な生活習慣、ストレス、ホルモンバランスの関係とさまざまな要因が考えられます。
不規則な生活習慣で肌のターンオーバー(新陳代謝)が原因ともされ、古くなった角質が溜まり毛穴に角質やファンデーションなどの化粧品が詰まりやすくなり大人にきびができてしまうのです。
にきびが酷くなると、にきび跡やシミができてしまう可能性が出てきてしまいます。にきび跡やシミはどんなにスキンケアを施してもなかなか消えてくれません。にきびができたら早めににきび治療を行うことが大切になってきます。

■にきび治療・レーザー治療
にきびが出来てしまったら早めににきび治療を行いましょう。にきびを放っておいたり潰してしまったりするとにきび跡やシミの原因になってしまいます。
にきび治療は美容外科や皮膚科ですることができます。にきび治療を行うことで、にきびが出来にくい健やかな肌にすることができます。
また、にきび跡やシミができてしまった場合でもレーザーなどを用いて治療することが可能です。そこまで酷くない場合はレーザー治療をせず塗り薬やスキンケアで治すことができますが早く治したい人はレーザー治療をすることでキレイな肌を取り戻すことが出来るのです。

オススメリンク

シミ取りは皮膚科で治療してくれるんです|大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編
お顔のシミ取りは専門のドクターに相談|シミなし.com
にきびを予防したいならこちらの石鹸を使おう|maxcosme

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし